商品検索
育て方情報

植え付け準備の手順の超ポイントは下記の2点です。
point1.水はけ
point2.肥料

水はけ

育て方情報 まずは植え付ける場所の水はけを見ます。
前日に雨が降った後、水たまりができて、なかなか水がはけないような粘土質な土壌や固い土の場合は土壌改良などが必要となります。
このような場所では、苗木を植え付けても根っこに必要な酸素がいきにくくなったり、根っこが常時水に浸かっていると根が腐ってしまう可能性があります。水はけをよくすることを考えてください。

・腐葉土を投入してよく混ぜる
・植える場所全体をこんもりと小山のように土を盛り上げて周りに排水溝を作る
・パーライト等、水はけをよくする資材を混ぜる(1割程度)
・粘土があまりに多い場合は土の総替え、あるいは周りに排水溝を掘ってみてください。
この他にもいろいろ方法はあると思います。
植える場所に穴を掘り、穴から掘りあげた土に腐葉土やパーライトを混ぜてふかふかにして埋め戻します。手で握ってほろっとくずれるくらいのふかふかさがよいです。

肥料

育て方情報 植えてから半年くらいは肥料分はすぐには必要はありません。
まずは根っこを伸ばさせることが重要です。肥料は根っこに直接つきますと根腐れを起こしたり、根っこがやけたりしてしまいます。植える場所があまりにやせ地な場合は、苗木を植える穴の底の方に直接根っこにつかないところに肥料をもとの土と混ぜ込んで仕込みます。土と混合して入れ込むことがポイントです。

また、この作業はできれば、苗を植え付ける当日ではなく、2週間くらい前に行うのがベストです。
また、肥料は果樹栽培において大変重要はポイントとなります。肥料をたくさんやると、枝葉ばかり伸びて花をつけ、果実をつけようとしません(子孫を残そうとしないのです)くれぐれも元の肥料は控えめにし、6月頃、葉の色が薄ければ窒素分の肥料を具合をみながら少しずつ調整して追肥として施すのがおすすめです。

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
減農薬農法
記念樹セット

■常緑樹の発送について
柑橘類など常緑樹の植え替え・掘り取りは10月中旬頃〜12月初旬、冬場は出荷停止となりまして、春3月から4月頃までの掘り取り発送再開となります。ご注文をお受けしましても発送可能時期までご予約となり、上記時期以外はすぐにの発送はできませんのでご了承下さい。
新苗に関しては、室内で育成の方、温暖な気候の地域の方は発送可能です。

■お届け時期について
素掘り苗木(ふるい苗・地掘り苗)商品は、「秋10月ごろ〜翌年の春4月」間の適期発送とさせていただきます。
多種のご注文は品種によってそれぞれ適期がありますので、一時に発送できない場合があります。発送適期までしばらくお待ちください。
当農園の落葉樹の地堀大苗は基本的には、11月中旬頃から3月中旬頃までの発送となります。 但し、寒い地方の方は、寒さが来る前に植えてしまうか、3月遅めがよいです。植える場所の土壌がよい時に植えたいです。寒冷地の方の11月1日以降のご注文分はご予約順を飛ばしての早めの発送はできませんことご容赦ください。
カンキツ類などの常緑樹は、暖かい地方の方は真夏を除けば移植が可能です。寒い地方の方は3月中旬頃から4月頃までとなります。
*ポット苗は盛夏を除き、
一年間発送可能です

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
夏季休業日 定休日
メールの返信及び農園をお休みさせて頂きます


会社案内(隅田農園について)
お買い物ガイド(注文に関するFAQ)
果樹苗の移植適期について
愛情を届けます〜丁寧な梱包
専任スペシャリストの対応〜農園直送
手間暇愛情〜大苗とは?
隅田農園 防除履歴
よくある質問(はじめての方へ)
植え付け方のアドバイス
苗木が到着したら…
常緑樹の冬の間の管理
隅田農園の大苗★取り扱い品種 一覧
何年で実が付きますか?
記念品には記念樹を
遊休農地対策に果樹苗を
ぽっきりせん定
当社の取り扱い苗のタイプは4つ
苗木づくりの様子(新苗・大苗)
秋の新苗 防除履歴
よくある質問(栽培編)
せん定の基本(果樹)
苗木年代早見表
隅田農園での源平桃の咲き分け状況
植え付け準備の手順の超ポイント
苗木の発送について

お問い合せ大歓迎


初心者もできる 果樹苗


情熱店長けいこ


ぽっきり剪定